立喰寿し

北辰鮨 仙台駅3階店

仙台駅構内、すし通りにある立喰すし店。仙台駅には他にも塩釜のすし哲、気仙沼のあさひ鮨など、宮城の有名店が出店しており、これらも含め、計四店に入ったことがある。どこもそれなりという印象だった。訪問の時期はそれぞれ別で記憶はやや曖昧だが、格別安かった覚えもない。いまとなっては根拠は謎だが、心のどこかに仙台といえばすしという先入観があったのだろう。なるほど、駅構内に牛たん通りと並んですし通りがあるのだから、すしは仙台名物と言えるのかもしれない。

今回こちらに寄ったのは地方都市の立喰すしというのが珍しかったからである。訪問時は10席程度のカウンターに二人の職人が立っていた。一カンずつの注文にも応じるということで、時間のない客がいろいろつまんでさっと引き上げるにはちょうどいい。立喰とはいえ、天然の平目や閖上の赤貝、名物のぶどう海老なども揃っている。ぶどう海老や赤貝を頼めば高くつくが、一カン150円や200円のネタにも食指の動くものがある。ただし、味はそれなりである。駅ビルの中という立地を考えれば、そんなものかもしれない。

他にはメガネをかけた賢そうな少年とその母親がいて、少年はサーモンを炙ってくれと小学生らしからぬ注文をしていた。威勢のいいすし屋相手にもひるまないその声には、すでに末恐ろしい貫禄さえ漂っていた。エンターテイメント性の高い回転寿司とは違い、気軽に暖簾をくぐり、職人と対面してお好みで注文できる立喰すしは、このように粋で頼もしい少年たちを育ててくれることだろう。

ただ結論としては、昼時で駅から少し歩くことを厭わないなら、鮨 仙一の旬のおまかせを食べるほうがいい。ランチタイムなら、仙台らしい上質なネタ一通りにお銚子一本つけても5000円でお釣りがくるだろう。満足度を考えれば、私の知るかぎり、ここのランチは駅構内のどの店よりも安い。

HPはこちら。駅一階には座って食べられる店もあり、地下食品売場では持ち帰りすしも買える。

(2009年4月訪問時のメモより)

| | コメント (56) | トラックバック (0)

つきじ千鮨 大船店

持ち帰り寿司の大手、ちよだ鮨が手がける立喰寿司店。同様の店舗は築地、門前仲町にもあるが、大船店は「エキナカ」、つまり駅構内にあるというのがめずらしい。朝7:30から(日曜は8:00から)開いている。海外に旅立つ朝、最後の寿司をあわただしく食べる人たちのためだろうか。前夜の夢にうまそうな寿司が出てきて、朝から矢も盾もたまらず寿司を食べたいという人たちのためだろうか。いずれにせよ、朝から寿司を食べるという発想はなかった。JR東日本の子会社が展開する回転寿司、うず潮も開店時間が早いが、こちらは「回転朝食」を売りにしている。つきじ千鮨が朝も同じメニューを出しているかどうかは未確認。改札を出ずにすむので、通勤途中の乗換えか、途中下車の折に、軽く寿司でもつまむか、というニーズはありそうだ。

店内は間口は狭いが奥行きは深く、詰め込めば、15人くらいは立てるだろう。つけ場には3人の職人が立ち、忙しそうに注文に応じている。あたりを見回すと、10カン690円のお得なおまかせコースを注文する人が多い。他に、やや高価なネタを組み合わせた7カン690円のコースが二種類。

お好みは2カン単位で。ほとんどが1カン80円で、一部120円と200円のネタもある。公式HPによれば、メニューは以下のとおり。

1カン80円(まぐろ、づけまぐろ、あじ、寿司えび、えんがわ、炙り車えびなど)
1カン120円(本まぐろ、ふっくら煮あなご、生さば、あか貝など)
1カン200円 (本まぐろとろ、うに、など)

ちよだ鮨は持ち帰り寿司の他に、いくつかの回転寿司店も展開しているが、ネタの質や品揃えは、並の回転寿司レベルという印象。隣に持ち帰り寿司のコーナーもあるが、おなじみの三角形の鯖寿司はここでも食べることができる。ビールや日本酒も置いているので、会社帰りに、キオスクで乾き物を買ってグリーン車で飲むよりは少しましかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吉光 船橋北口店

船橋駅北口から徒歩5分くらいの大通り沿いにある立喰寿司店。船橋北口店というのは、同じ船橋市内に立喰ではない本店があるからか。南口店もあるという。6、7人立てばいっぱいになりそうなカウンターで二人の職人が応対する。

ネタは1カン100円、150円が中心、一部200円、250円のものもある。一人前の盛り合わせは、上が800円、特上が1000円、おまかせが1200円。メニューには天然物のみ使用と書かれている。最近値上げをしたというが、それでも高くはない。

ちなみに、この日の特上は、まぐろ赤身、中トロ、ほっき貝、甘えび、白身(ほうぼう?)、いくら、うに、鉄火巻(手巻き)。

船橋といえば、「江戸前」の魚介類が集まる港のイメージが強いが、追加で注文したネタの質や鮮度はいまいちという印象だった。酢飯はほどよい固さ、甘みも抑えられているが、ネタによっては酢のきつさが気になる人もいるかもしれない。

人気の店らしく、閉店間際だったが、次から次へと来店者があった。なかには女性の一人客もいたが、入るのにまったく気兼ねはいらないようだ。ガラス戸越しに、通りから店内をうかがうことのできる開放感は、昨今のブームにのってできた「スタンディング・スシ・バー」というより、屋台に近い。寿司をつまんだ手を、カウンターの流しで洗うことになるので、ハンカチは必須。

公式HPはなし。住所、営業時間などについてはこちらを参照(ただし、店先の掲示によれば、午後3時から4時まで昼休みをとるようなので、詳しい営業時間については、電話で確認したほうがいい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆栄寿司

昔ながらの商店や飲食店が雑然とひしめく京成立石駅前の商店街、店先に下がる「栄寿司」の提灯が目印の立喰寿司店。黄色の地に赤で「立喰専門」と書かれた軒先の看板が、「立喰」がめずらしくなかった往時をしのばせる。近所には、もつ焼きのうちだや鳥唐揚の鳥房など、 長く地元民に愛されてきた酒場もあり、はしご酒をするにも、あれこれ迷う楽しみがありそうだ。

10人くらいが横一列に立てそうなカウンターと横長のガラスのネタケースを挟んで、二人の職人が注文に応じている。やや大ぶりな寿司は、箸でつまむと崩れそうなほどやわらかい。回転寿司ではちょっと気が引けるが、立喰では、気取らず、手でつまむ喜びも捨てがたい。

ネタは1カン100円と200円のものを中心に上は300円まで。100円のネタでは、浅めの〆加減のさばはよかったが、肉薄のいかは噛み切るのに苦労する固さだった。貝類など、200円のネタを選んだほうが無難なようだ。今度は煮いか、煮穴子、煮はまぐりなど、昔ながらのネタや巻物も、試してみたい。

実は、栄寿司に入る前に、目と鼻の先にある、うちだも覗いて見たが、あいにく満席、外で待つ客もいた。あらためて見ると、まだ三人ほど並んでいたが、せっかくなので、列の最後尾につく。五分くらいで席が空き、ビールともつ焼きを注文した。注文の仕方にもいろいろ流儀があるらしいことを知ったが、元々もつの部位については詳しくないので、聞いたことのある名を適当に言う。表面を軽く焦がした、鮮度のいいもつに、さらっとした甘いタレがよく合う。いま食べてきた寿司を前菜とすれば、二本170円の、大ぶりなもつは肉料理か。

下町酒場巡礼 (ちくま文庫)のうちだの項を読み返すと、著者も、もつ焼きの前に小腹を満たす店として、栄寿司の名を挙げていた。今回たまたまそうなったとはいえ、この順序こそ、正しいのかもしれない。

おすすめ:平貝(2カン400円。やや厚めに切りつけ、海苔を帯にして。)

公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆☆まぐろ人 雷門出張所

浅草通り、吾妻橋交差点と雷門の間にある、小ぢんまりとした立喰寿司店。狭いが、小ぎれいな店内に、二人の職人のほか、お茶汲みや会計をしたり、穴子を炙ったりする、女子高生らしきバイトが二人。近所で大人気の回転寿司、まぐろ人の「雷門出張所」とあって、「立喰専門」という看板を掲げるような、昔ながらの店ではない。

大江戸系列の番屋余市と同じように、ネタの種類の豊富さから考えて、ここも仕入れは回転寿司と共通なのだろう。人肌の酢飯で握った寿司を、その場で食べることができるからか、系列店であっても、回転寿司より立喰寿司のほうがやはりうまい気がする。握る職人の技術も、一般的に、立喰のほうが高いのかもしれない。

メニューは1カン100円から200円のネタが中心。最初の注文は2種4カン、というルールがある。

訪問したのは夜、そのせいかどうかはわからないが、何も言わなくても、銀座並みに小ぶりな握りが出てきた。ほどよい固さの寿司飯は、バランスを考えると、厚めに切りつけた種や脂っぽい種より、白身やイカなど、淡白な種のほうがよく合う。サクを湯引きしてから、漬け込むという、昔ながらの仕事をした漬けマグロや上品な白身に濃厚な肝をちょんとのせたカワハギを食べると、寿司飯がやや劣勢になるのか、つい酒がほしくなる。

とはいえ、一杯やる場所には困らない浅草なので、どこかで飲んで軽くつまんで帰るというのが正しい使い方なのだろう。平日は夜10時、休日は夜9時までだから、下町の職人のように、あまり夜更かしせずにすみそうだ。

おすすめ:カワハギ肝のせ(2カン420円。コクがあるのに、くどくない。)

公式HPはこちら(ただし、現在リニューアル中)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆立喰い鮨 番屋余市

大江戸グループは、上野、池袋、新宿など、都内を中心に21店舗を展開する回転寿司チェーン。回転寿司の他にも、4つの海鮮居酒屋を経営しており、七輪浜焼きを売りにする、上野・アメ横の番屋余市も、その一つである。この店の一角に、壁で仕切られた「立喰い鮨」コーナーがある。6人も入ればいっぱいになる、かぎ形のカウンターしかないが、盛り合わせは隣の居酒屋で座って食べることも可能。ランチもある。これは昼間の居酒屋を有効活用する斬新なアイデアといえるだろう。寿司店を併設しているということは、海鮮居酒屋にとっても、いいアピールになる。

近くには、同系列の回転寿司が5店舗あるので、仕入れは共通か。店の規模のわりにネタの種類が豊富なので、それも考えられる。

寿司は2カン160円から。他の立喰寿司と同じように表せば、1カン80円から。1カン250円のネタもあるが、こちらは一つからでも注文できる。生の海老や活貝など、ネタの鮮度はいいという印象。養殖の本鮪か、脂はのっているが、特有のクセがある中トロは、あまりおすすめしない。やや小ぶりな握りは、酒を飲む人やいろいろ食べたい人に向いている。

ドリンクメニューは他の立喰寿司同様、貧しいが、どうせなら、これも隣の居酒屋に融通してもらうことはできないのだろうか。レシートを見ると、一皿いくらと表記されていた。

おすすめ:煮穴子(2カン250円。握る直前にバーナーで炙る。脂がのり、やわらかい。)

大江戸グループの公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当たり寿司

川崎競馬場に立ち食い寿司のスタンドがあると聞き、出かけた。着いたのは夕方近く、レースもそろそろ佳境を迎えるころ。建物の中を歩きまわり、ようやく目当ての「当たり寿司」を見つけた。本場開催時は2号スタンド2階、場外時には1号スタンド2階のまんぷく横丁、と営業する場所が変わるそうだ。

早速、1皿200円の握り寿司を注文。三つの寿司とガリがのった四角い皿は、仕切られた隅の一角が醤油皿の代わりになる。ネタの種類は、まぐろ、いか、こはだ、ほたて、あなごの五種類。他に、鉄火丼とあら汁もある。メニューにあら汁がある回転寿司は、魚を丸ごと仕入れ、店内で捌いているからうまいと聞いたことがある。ここはどう見ても「あら」が出るような魚は扱っていないが、試しに頼んでみると、ロブスターの足のようなものと魚の頭に、くたくたのネギの入った味噌仕立てのお椀が出てきた。カウンターはなく、目の前のテーブルまで皿を運び、立ったまま食べる。

寿司そのものは見た目も悪いが、味も悪い。くすんだ色のまぐろは筋っぽく、コノシロ級の大きな身を削ぎ切りにしたこはだはパサついて、肉厚のいかは噛み切るのに難渋する。冷めたシャリは団子状にかたまっていた。これほどひどい寿司を食べたのはひさしぶりだ。あたりを見回すと、寿司をつまむ客の姿もちらほら、みな他のことに夢中か、放心状態で、自分が何を食べているのかさえ、気にならないのか。馬券を買う前に縁起を担いで「当たり寿司」を食べる客がいるかどうかは知らないが、一山当てた人が、帰りにここで寿司をつまむことはなさそうだ。

近くには、そば、天ぷら、丼ものなどがそろい、刺身や一品料理を肴に一杯やることもできる小ぎれいな食堂もある。競馬場の客に勝ち組・負け組があるとすれば、ここは勝ち組専用の食堂かもしれない。

歩いて川崎駅に向かう帰り道、堀の内のソープの呼び込みを避けて小さな路地に踏み入ると、そこに思いがけない世界があった。両側の汚い仕舞た屋風の家がそれぞれショーウィンドーのようになって、ビキニ姿の女たちが手招きしているのだ。まじまじと見るわけにはいかないが、明るい照明の下、女たちの肌は燐粉をまぶしたようにキラキラと輝いている。これが「ちょんの間」というものなのか、かつてピンク映画とかピンクチラシといったみたいに、ピンクということばの、あのあっけらかんとしたけばけばしさがあった。馬券を当てれば、ひやかす気分もまた格別なのだろう。負けたら負けたで、何かむらむらと沸き起こるものがあるのかもしれない。ただ味気ない「当たり寿司」を三つ食べただけの私は、後ろ髪をひかれるような気がしながらも、背中を丸め、やや足早にそこを通り抜けた。

公式HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「駒寿司」

山谷を目指し、南千住駅から464号線を浅草方面に向かう。泪橋交差点を渡り、二本目か三本目だったか、左に曲がる通りにその店はある。外まではみ出た人の群れですぐそれとわかるこの寿司屋を見つけ、ほっと胸をなでおろした。事前に調べた情報では、店の入ったビルの建替えのため、閉店したか移転したと聞いていたからである。隣は以前、栄寿司という同じような寿司屋だったらしいが、現在は焼鳥屋があり、こちらもにぎわっている。

タイトルを「駒寿司」としたが、そもそもこの店が「駒寿司」であることを確かめたわけではない。ただ、東京酒場漂流記 (ちくま文庫) でも、下町酒場巡礼 (ちくま文庫)でも、山谷の立喰寿司は、「駒寿司」とよばれているのである。

ガラスのネタケースのついた短いステンレスのカウンターはほとんど通りの縁までせり出し、前には丸椅子が二つ、横にはテーブル席もある。椅子はすべて常連らしいおやじたちで埋まっていた。こちらははじめから立喰寿司を楽しむ心算なので問題ない。昼間から酒を飲んで盛り上がるおやじたちの間に割りこみ、カウンターの前に立った。

若い頃は男前だったのではと思わせる端正な顔立ちの店主は、余計な口は聞かないが、はじめての客にもとっつきやすい。女将らしい女性からお茶とおしぼりを受け取り、種の種類が書かれた木札に目をやる。寿司は1カン60円から100円。場所柄か、おにぎりのように大ぶりな握りで、酢飯が少しべとついているが、味は悪くない。いや、むしろうまいのである。特に、肉厚で歯切れのいいイカ。甘いツメの塗られた柔らかい穴子もいい。

テーブル席に群がる客は競輪中継のテレビを見上げ、盛り上がっている。これほど屋台に近い寿司屋を見たことはない。屋内と屋外の境がかぎりなく曖昧なのだ。立って食べるのが普通かどうかは知らないが、握りたての寿司をほとんどアウトドアでつまめる、という稀有な体験ができる店である。

隣のおやじの前に置かれた寿司は、私が来てから会計を済ますまで、結局手をつけられないままだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆柳橋美家古鮨本店立喰処

浅草橋駅ガード下。間口はそれなりに広く、奥行きは狭い。ここらが柳橋とよばれ、花柳界として栄えた頃から続く老舗の「立喰部」である。近くに「本部」もある。

柳橋美家古鮨に興味を持ったのは、いまは引退した神田鶴八の先代、師岡幸夫が修行した店と聞いて。もちろん、「立喰部」はずっと庶民的だが、屋台発祥という美家古鮨の原点に近いのはむしろここかもしれない。食品衛生法によって、生モノを屋台で食べさせることが禁止されて以来、寿司の屋台は姿を消したが、狭いガード下の店で、それが往来をにぎわした、いにしえの首都に思いを馳せるのも悪くない。

店に入るとまず飲みものを決める。お茶のほかに、缶ビール、カップ酒。ステンレスのつけ台の前に備え付けられた流しで寿司をつまんだ手を洗う。

1カン75円から。定番のネタが揃うが、マグロのトロやウニの軍艦はない。ネタやわさびの質は値段相応だが、寿司の出来は材料だけでは決まらない。それがよくわかる。ここよりいいネタの揃う回転寿司はいくらでもあるだろうが、ここよりうまい握りを食べさせるところは少ない。もちろん、鶴八のようにはいかないが、甘みを抑えた酢飯はさすがに江戸前らしい。

残念なことと言えば、やはり落ち着かないこと。腰を据えて飲んだり、しっかりした食事をするのにふさわしい場所ではない。ふらりと暖簾をくぐり、いくつかつまんで小腹を満たす。そんな店を近所にもつ人は幸せだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)