« 北澤倶楽部 一貫 | トップページ | 『これが江戸前寿司―弁天山美家古』(内田正) »

吉光 船橋北口店

船橋駅北口から徒歩5分くらいの大通り沿いにある立喰寿司店。船橋北口店というのは、同じ船橋市内に立喰ではない本店があるからか。南口店もあるという。6、7人立てばいっぱいになりそうなカウンターで二人の職人が応対する。

ネタは1カン100円、150円が中心、一部200円、250円のものもある。一人前の盛り合わせは、上が800円、特上が1000円、おまかせが1200円。メニューには天然物のみ使用と書かれている。最近値上げをしたというが、それでも高くはない。

ちなみに、この日の特上は、まぐろ赤身、中トロ、ほっき貝、甘えび、白身(ほうぼう?)、いくら、うに、鉄火巻(手巻き)。

船橋といえば、「江戸前」の魚介類が集まる港のイメージが強いが、追加で注文したネタの質や鮮度はいまいちという印象だった。酢飯はほどよい固さ、甘みも抑えられているが、ネタによっては酢のきつさが気になる人もいるかもしれない。

人気の店らしく、閉店間際だったが、次から次へと来店者があった。なかには女性の一人客もいたが、入るのにまったく気兼ねはいらないようだ。ガラス戸越しに、通りから店内をうかがうことのできる開放感は、昨今のブームにのってできた「スタンディング・スシ・バー」というより、屋台に近い。寿司をつまんだ手を、カウンターの流しで洗うことになるので、ハンカチは必須。

公式HPはなし。住所、営業時間などについてはこちらを参照(ただし、店先の掲示によれば、午後3時から4時まで昼休みをとるようなので、詳しい営業時間については、電話で確認したほうがいい)。

|

« 北澤倶楽部 一貫 | トップページ | 『これが江戸前寿司―弁天山美家古』(内田正) »

立喰寿し」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉光 船橋北口店:

« 北澤倶楽部 一貫 | トップページ | 『これが江戸前寿司―弁天山美家古』(内田正) »